【S-PARK】プロ野球 100人分の1位まとめ 2020年結果と過去一覧

プロ野球
スポンサーリンク

2020年もオフシーズンになり毎年恒例のプロ野球現役選手100人が各部門で投票して、No.1を選ぶ企画が放送されています。

現役選手からも人気があり、現役の選手から選ばれるのは非常に光栄だという意見があり、この賞を取ることが栄誉と考える選手も多いようです。

今回の記事では、2020年結果のまとめと過去に選出された選手をまとめていきます。

スポンサーリンク

【S-PARK】プロ野球 100人分の1 2020年各部門結果と過去受賞者一覧

2020結果速報

守備部門(12/5放送)

1位:42票 広島:菊池涼介
2位:29票 西武:源田壮亮
3位:  6票 楽天:辰巳涼介
4位:  4票 オリックス:安達了一
5位:  3票 ロッテ:和田康士朗
5位:  3票 中日:高橋周平

守備部門の1位は2年ぶりに受賞となった広島菊池選手です!

やはり大きな要因としては、プロ野球史上初の二塁手で守備率10割(無失策)を達成したことと
セ・リーグ記録となる守備機会連続無失策503を記録したことが大きかったと思います。
その影響で各選手が選出したのでしょう!
2年連続で受賞していた西武源田選手も「今年は受賞ないな」とつぶやいていたので、
ライバルも認める当然の結果なのではないでしょうか!

守備機会が多い二塁手で守備率10割は異常ですね…

なおかつ守備範囲が非常に広い菊池選手が受賞したとあって

さらに凄みが伝わってきます。

守備範囲が広い選手は処理できるかできないかの際どい打球処理機会も

多くなるため、守備率は下がる傾向にあるのですが…

さすがの一言です!

https://twitter.com/SPARK_fujitv/status/1335274777062252545?s=20

走塁部門(12/6放送)

1位:63票 ソフトバンク:周東佑京
2位:12票 巨人:増田大輝
3位:10票 阪神:近本光司
4位:  4票 ロッテ:和田康士朗
5位:  3票 日ハム:西川遥輝

走塁部門の1位は100分の1企画史上最多得票数を獲得した周東選手が受賞となりました。

今期は、12試合連続盗塁成功で福本豊さんが持つ日本記録を46年ぶりに更新したほか、
13試合連続盗塁成功の世界記録を打ち立てるなどこと盗塁に関しては圧倒的な成績を残しました。

また、パ・リーグでも自身初の盗塁王を獲得するなど安定した結果を出していて、
こちらも当然の結果という感じでしょう。

企画史上最多得票数での受賞おめでとうございます!

パ・リーグだけでなくリーグを超えてセ・リーグの選手も多く投票していることにさらに凄さが伝わってきますね。

稀代のスピードスターだと思います!

 

今年のパ・リーグTV(Youtubeチャンネル)でも数多く取り扱いされるなどしていて走塁での注目度は異常でした。笑

【シーズン100盗塁】“令和の快足伝説” 『二盗・三盗・周東です』【夢じゃない!?】

バットコントロール部門(12/12放送分)

1位:23票 日ハム:近藤健介
1位:23票 オリックス:吉田正尚
3位:15票 広島:西川龍馬
4位:  8票 中日:大島洋平

バットコントロール部門の1位は23票を獲得して同率で近藤選手・吉田選手が受賞となりました。

近藤選手はこの部門の常連です。また吉田選手はフルスイングのイメージが強くこの部門の上位にはなかなか食い込めないイメージでしたが、今期はパリーグの打率王を獲得して安打にこだわった結果がそのまま受賞につながったと考えます。

 

同一リーグから2選手同時受賞はなかなかない結果ですね。

それだけパ・リーグの選手がすごいということなのでしょうか!

https://twitter.com/SPARK_fujitv/status/1338056312177868801?s=20
スポンサーリンク

変化球部門(12/13放送分)

1位:20票 巨人:菅野智之(スライダー)
1位:16票 ソフトバンク:モイネロ(カーブ)
3位:15票 ソフトバンク:千賀滉大(フォーク)

変化球部門の1位は20票を獲得して菅野選手が受賞となりました。

菅野選手はこの部門の常連です。受賞候補の千賀選手が3位でした。また、モイネロ選手はSNS投票では8464票を獲得してぶっちぎりで一位のようでした!
千賀選手とモイネロ選手にパ・リーグ選手の票が割れて菅野選手が獲得したような流れになりましたね!菅野選手に投票した選手はすべてセ・リーグの選手のため、実際に対戦した相手がやはりスゴイと感じる球なのでしょう!

スピードボール部門(12/19放送)

1位:26票 西武:平良
2位:17票 阪神:藤浪
3位:12票 ソフトバンク:千賀滉大
4位: 9票  阪神:スアレス

昨年度王者の千賀選手は3位という結果でしたがさすがです!

2位には久々の登場となった藤浪選手が選出されました。今年は日本人最速2位の162Kmを
記録しました!
そして栄えある1位には西武平良選手が初受賞となりました!
ランナーがいなくてもクイックフォームで投げ込むことでより早く感じると
各選手がコメントされていました!

パワーヒッター部門(12/20放送)

1位:40票 ソフトバンク:柳田悠岐
2位:15票 楽天:浅村
3位: 8票 DeNA:オースティン
4位: 6票  ヤクルト:村上宗隆
4位: 6票  巨人:岡本和馬

2年連続受賞していた西武山川選手がTOP3以下という
波乱の結果となりました。

今年の一位は柳田選手となりました!パ・リーグTVなででも度々取り上げられていましたが、
意味の分からないスイングでのホームランが今年は非常に多かったことが受賞の理由でしょう!

また、オリックス田嶋選手から放った衝撃のホームランも話題となりました。

各選手が口々に変態というほどでしたね。

https://twitter.com/SPARK_fujitv/status/1338192093416620032?s=20
柳田悠岐 全HRが普通じゃない『意味不明弾』まとめ《THE FEATURE PLAYER》
【宇宙へ届け!!】柳田悠岐『超特大!照明直撃!推定150m弾』
スポンサーリンク

過去受賞者一覧(2018-2019)

守備部門

2019年:

1位:51票 西武:源田壮亮
2位:17票 広島:菊池涼介
3位:  6票 中日:京田陽太

2018年:

1位:41票 西武:源田壮亮
2位:32票 広島:菊池涼介
3位:  5票 オリックス:安達了一

西武源田選手が2連覇を達成していますね!
パリーグTVでもたまらん守備が多数出ていますので皆様見ていただければと思います。

源田選手の守備は思わず「たまらん!」と言いたくなる気持ちが分かります!

難しいことを平然とこなす選手こそうまい選手なんでしょうね!

源田壮亮 『無限好守 たまらん1年分』まとめ《THE FEATURE PLAYER》

走塁部門

2019年:

1位:32票 ソフトバンク:周東佑京
2位:17票 ヤクルト:山田哲人
3位:14票 阪神:近本光司

2018年:

1位:41票 日ハム:西川遥輝
2位:22票 ヤクルト:山田哲人
3位:  5票 広島:野間峻祥

2018年まで1位だった日ハム西川選手が2019年には3傑にも選出されないなどしていて、
やはり走力に関しては若手の活きがいいのが印象的ですね。

バットコントロール部門

2019年:

1位:17票 西武:森友哉
2位:16票 日ハム:近藤健介
3位:15票 巨人:坂本勇人

2018年:

1位:28票 西武:秋山翔吾
2位:17票 日ハム:近藤健介
3位:15票 DeNA:宮﨑敏郎

毎年パ・リーグ打率上位に名を連ねる日ハム近藤健介選手が2年連続2位になっています。
2020年は悲願の1位を獲得できるのでしょうか?

変化球部門

2019年:

1位:22票 阪神:ジョンソン
2位:11票 オリックス:山本由伸
2位:11票 ソフトバンク:千賀滉大

2018年:

1位:23票 巨人:菅野智之
2位:18票 ソフトバンク:千賀滉大
2位:  7票 ソフトバンク:石川柊太

変化球は毎年割れるようなイメージです。

同一リーグの選手に投票するケースが多いため、同一リーグに強力なライバルがいる場合は、
他リーグの選手に票が集まり受賞するケースが多いように感じます。

スピードボール部門

2019年:

1位:28票 ソフトバンク:千賀滉大
2位:21票 中日:ロドリゲス
2位:18票 DeNA:エスコバー

2018年:

1位:24票 広島:フランスア
2位:11票 楽天:則本昂大
2位:  8票 西武:菊池雄星

こちらの部門も毎年顔ぶれが変わっている印象ですね。
大谷選手がいたころには大谷選手の無双状態でしたが、近年はメンバーがころころ変わっています。

こちらの部門も同一リーグにライバルがいるかいないかで結果が大きく変動しそうです。

パワーヒッター部門

2019年:

1位:45票 西武:山川穂高
2位:17票 DeNA:ソト
3位:  8票 ヤクルト:村上宗隆
3位:  8票 オリックス:吉田正尚

2018年:

1位:45票 西武:山川穂高
2位:23票 ソフトバンク:柳田悠岐
3位:12票 ヤクルト:バレンティン

ホームラン王を獲得していた西武山川選手が連覇を達成していますね。

2020年シーズンは山川選手が不調だったこともあり、受賞は難しいのではないかと読んでいます。
こちらの部門の結果発表も気になるところです!

まとめ

今回の記事では、フジテレビS-PARKでオフシーズンに放送される恒例の「プロ野球100人分の1」
についてまとめました。

2020年は各打撃・投手タイトルで初受賞の選手が多いため、こちらの結果にも大きく影響があるのではと思っています。

実際にプレーしているプロ野球選手が選ぶ1位ということなので、評論家の方達が選ぶ順位よりもよっぽど信頼がある結果になると思います。

プロ野球選手内でも他の選手から選んでもらえるということで楽しみな企画となっており、今後の結果も気になるところです!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました